駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2007年 4月
 日 月 火 水 木 金 土
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
- - - - -

4月 30日 (月) GWによみがえった記憶
4月 29日 (日) うちもしかしたらキツイ会社か....
4月 28日 (土) 不動産屋のゴールデンウィーク
4月 27日 (金) 占いにすがる
4月 26日 (木) 消えた記憶の中に突然現われた....
4月 24日 (火) 消えた土地
4月 23日 (月) 一人暮らしの資産家たち
4月 22日 (日) 俺は金のために言っているんじ....
4月 21日 (土) 目の前で起きた大事件
4月 20日 (金) とにかくヤメロ


 

 4月 20日 (金)
 とにかくヤメロ
先日 
 
私の知人から電話がありました。 
 
今度独立して自分の店舗を持ちたいんだけど 
 
何の店舗? 
 
アパレル関係 
 
で俺にどうしろと 
 
店舗探して欲しいんだ 
 
お前の会社は確か機械メーカーだよね。 
 
そうだよ 
 
何でそんな経験のない事を始めるの 
 
友達がアパレルの仕事していて 
 
一緒にやろうと誘われたんだ 
 
何人でやるの? 
 
3人で 
 
でお前が誘われた理由は? 
 
資金が足りないらしいんだ 
 
 
ここまで話を聞いて 
 
私はその知人に 
 
忠告しました 
 
 
 
ぜ〜ったいにヤメロ 
 
100%失敗するから
 
 
と 
 
そして 
 
私の言い方があまりにも断定的だったので 
 
気分を害したその人とそこで口げんかになりました。 
 
でも構いません 
 
その人は私にとって大切な人間です。 
 
絶対止めさせます。 
 
 
なんでそこまで私が言い切るか? 
 
それは自信があるのです 
 
この話が悲惨な結果になる事に・・・ 
 
どうしてそこまで予期できるのか? 
 
 
それはちゃんと説明できる理由がありますが 
 
ここで書くのは止めておきましょう。 
 
当社のお客様の中に 
 
たくさん該当する話がありますから 
 
 
でも一言だけ 
 
自分で事業を起こすお客様 
 
私はたくさん見てきました。 
 
で結論 
 
ほとんど潰れます。 
 
 
お客様は繁盛した店舗だけに目が行き希望に胸をふくらませますが 
 
現実には 
 
最初は目に入らなかった 
 
失敗していく店舗の仲間に入る人が大半です。 
 
 
つまり 
 
事業を起そうと思ったら 
 
まず誰にも負けない実績に裏付けされた力がなければ 
 
到底無理です。 
 
店を始めたとたんに 
 
現実を思い知り 
 
絶望します。 
 
そして長くコツコツ貯めた資金を瞬時に使い果たし 
 
さらに借金を重ね 
 
ボロボロになって 
 
また勤め人に戻る 
 
そんな人が 
 
実は大半なんです。 
 
普通の人は 
 
街を歩くと 
 
流行っている店舗に目が行くと思います。 
 
でも 
 
私のように 
 
潰れていく店舗に目を向けてみて下さい。 
 
その数の多さに驚くはずです。 
 
 
でも誤解のないように付け加えておきますが 
 
その事業に失敗する方々 
 
実は世の中全体で見れば 
 
なくてはならない存在なんですよ。 
 
彼らは短期であっても雇用を創造し 
 
設備投資をし 
 
また同業者に緊張感を与え 
 
結果業界の発展に寄与します。 
 
つまり 
 
分かりやすく言えば 
 
我々不動産屋は 
 
商売が上手く行ってずっと借りていただけるお客様より 
 
潰れてどんどん入れ替わった方が 
 
手数料が入るのです。 
 
ですから 
 
私は事業を失敗した人に 
 
より敬意を払うのです。 
 
 
私は、他人のブログも 
 
事業が成功している人のブログは見る事はありません。 
 
 
失敗した方の方が 
 
はるかに勉強になります。 
 
 
でも 
 
やっぱ 
 
大切な人間には 
 
そんな思いはさせたくないんですよね 
 
 
少し身勝手かもしれません。 
 
 
 
 

>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++